お中元においしいお茶を!

少しずつ暑くなってきて、梅雨の季節を迎えると、早いもので、半年が過ぎます。
半年を過ぎたころ、お世話になった方への日ごろの感謝の気持ちを表すのに、
お中元(贈りもの)を贈るという日本古来からの風習があります。

 
最近は、会社で禁止になっているところなどもあるようですが、日ごろの感謝を示すのに贈る
という方も多いようです。
 
 
私も結婚をしてから、日ごろお世話になっている会社の人や、親類にお中元を贈るようになりました。
贈ることで、会社の方には、日ごろの御礼を、なかなか会えない親類には、お互いの近況を知るきっかけに
なったりするので、これはこれで良いものだなぁと思うことも多々あります。

お中元

ご参考までに、豆知識を!

Q.お中元ってどんな人に贈るの?

A.以下のような場合が多いようです。

・いつもお世話になっている方
・結婚している場合はお互いの実家の両親
・上司
・仲人
・子どものお稽古ごとの先生
・お礼の気持ちをあらわしたい友人、知人
・兄弟姉妹、親戚など。

 ※日頃お世話になっている人や、ふだん会えない人に感謝の気持ちをこめて贈ります。

 
Q.のし紙の書き方はどうするの?

A.紅白のしで、上にお中元(御中元)と書き、下には、送り主の名前を入れることが一般的なようです。

 
Q.贈る時期はいつ頃が良いの??

A. 関東の平均的なお中元は7月上旬~7月15日、
  関西の御中元は7月上旬~8月15日まで。
  ※一般的な例となります。
 
 
ぜひお世話になったあの方への贈りものに悩んだら、舞妓の茶本舗をご用命ください!
⇒夏の贈りものページは、こちらから
  

お抹茶の魅力

お抹茶っていつ飲むの?

関連記事

  1. 抹茶ぼーるちょこ

    こんにちは~!!なおでーす♪それにしても寒い日々が続いていますね(-…

  2. お茶屋さんの眼力

    こんにちは!最近、筋トレにハマっている松田です!(^^)!梅雨も明け…

  3. 抹茶のお菓子でバレンタインギフトを

    こんにちは!初め…

  4. ほうじ茶のお菓子

    こんにちは!なおです( *´艸`)4週ぶりですね(*'▽')春…

コーポレートサイト

最近の記事

  1. 茶カテキン類有効か。コロナ予防着手
PAGE TOP