朝 煎茶

起きたらカフェインで頭をスッキリ目覚めさせましょう。
煎茶がおすすめです。
カフェインと、苦味成分のタンニンは、高温のお湯に溶け出しますので、朝のお茶は熱いお湯で淹れてみて。
昼食後の眠くなる時間帯や、仕事やお勉強の合間にも、熱いお湯でカフェインを多めに出した煎茶が合います。

食事中 番茶、ほうじ茶、麦茶

香ばしい香りを楽しむ番茶・ほうじ茶・麦茶は、日本の食事によく合います。
さっぱりした和食から、脂っこい揚げ物などにまで、なんでも合います。
番茶は軽くてサラリとした味と香りが特徴で、麦茶とほうじ茶はカフェインが少ないので、
ごくごく飲めるという点も食事のお供に向いています。
食事中に限らず、一日中、のどが乾いたらいつでも。

食後 煎茶、粉茶

お茶に含まれるカテキンは、口臭や虫歯予防にも効果があるとされています。
食後は、口の中をさっぱりさせる成分カテキンが多く含まれている煎茶がおすすめです。
また、粉茶は、コクがあって口の中をさっぱりさせますので、こちらも特に食後におすすめのお茶です。
茶葉がとても細かく、一部は粉末状になりますので、濃厚な味が楽しめます。

おやつ 玉露

一日のリラックスタイムにはどんなお茶でもおいしいですが、特におすすめなのが濃厚でコクがある玉露です。
夏場は玉露を水出しすると、濃厚かつスッキリした味わいがあるので甘いお菓子との相性が抜群です。
スイーツを楽しみながら濃厚なお茶をお召し上がりください。

湯上りや就寝前 ほうじ茶、麦茶

湯上りやおやすみ前には、カフェインを気にせず飲めるほうじ茶や麦茶で水分補給を。